やとわれ社長を辞めて悠々自適な生活へ切り替えた山上様(50代男性)

お名前:山上 浩 様(仮名)
ご年齢:50代後半
前職:上場企業子会社 代表取締役社長 年収約960万円
現職:パソコンスクール 講師 年収約300万円

大手通信会社の子会社の代表として「やとわれ社長」をされていた山上様。日々忙しく勤務されていましたが業績の悪化からリストラが始まり突然お役御免になりました。会社員のような生活だったものの会社との契約関係としては会社員ではなく、失業給付も出ない、次にやりたいこともない、と呆然とされていました。
その後、カツドウのサポートを受けて体勢を立て直したのち、これまでの経験を活かしてパソコンスクールの講師として再就職されました。次は給与が下がってもゆっくり生活がしたいとのことで、時間的にも心にも余裕ができ、理想のワークライフバランスを実現されているそうです。

インタビュー

前職を教えてください。

大手通信会社の子会社の代表取締役でした。もともとは本社に40年近く前に新卒で入社し、部長職まで昇進させていただいたのですが、その後、業務の拡大が必要だということで10年くらい前に子会社に出向となりました。少しの期間出向社員として働いたあと、その子会社の代表取締役として任じられました。とはいえ指示はすべて本社から届きますので、いわゆる「やとわれ社長」です。

社長と言っても名ばかりということですね。

その通りです。本社の役員から指示がされてそれを実行するだけでしたので、あまり考えることすら許されておらず、最初からかなり不満がありましたね。
ただ、その割には給料は良かったので不満を表立って言うこともなく、やがて毎日淡々と言われたことをこなす日々になっていきました。

前職を退職された理由は何でしょうか。

その生活も慣れて10年近く続いていたのですが、景気が悪くなってグループの業績が急激に落ちたんですよね。そのとき、全社的に大規模なリストラが敢行されまして。
給与が高くて辞めさせやすいところから真っ先にリストラされるので、私も早い段階でリストラ対象になりました。社員ではないので雇用が保証されているわけでもなく、やとわれ社長で株を持っているわけでもないので議決権もないわけです。為す術もなく簡単に無職になりました。

大変ですね。

はい。いきなり収入がなくなることになったので本当に大変でした。
ただ、退職の1ヶ月前にギリギリでカツドウに相談させていただいて、結果的には無収入になることはなく生活ができましたので感謝しています。給付金申請サポートサービスには本当に助けられました。

お役に立てましたようで嬉しいです。転職はいつごろされたのですか?

これまで40年近く毎日働き続けてきたところに突然仕事がなくなったので呆然自失状態で、結局退職から1年くらいは何も手がつかない状態でした。退職後1年を過ぎてからぼんやりと「無理をせずに働きたい。ゆっくり落ち着いた生活がしたい。」と思うようになり、転職先を探し始めました。このときもカツドウにご相談させていただきました。これまで一度も退職したことがなかったので当然転職をしたこともなく、色々と相談しながらなんとか進めました。

それで現在の職場に転職されたのですね。

はい。
再就職活動を試行錯誤した末に、今の職場に決めました。
コンピューター関連のスキルには自信があったのですが、今更プログラマやシステムエンジニアになるつもりもなく、前職の同期には起業している人もいたのですがそれも私には違うと思っていまして。
そんなところに、近所のパソコンスクールで講師を募集されていて、正式な応募前に話を聞いてみると、教わる側も同年代から少し上くらいが多いとのことで、話しやすいのではと思いました。自分に向いていると思いまして応募して採用されました。
1日5時間程度の短時間勤務で無理がないこともポイントでしたね。

今の職場はいかがですか。

働きやすいです。
特に楽な仕事ということはないですが、時間的には早く帰れますし、受講生の方も気さくな方が多くてクレームもまずありません。
私が実現したかったワークライフバランスを実現できているので非常に満足しています。

働きやすい環境を見つけられたようでなによりです。

カツドウの皆様のサポートのおかげです。ありがとうございました。

嬉しいお言葉ありがとうございます。今後のご活躍をお祈りしております。

はい。今は仕事以外の時間は趣味に没頭していますので、そちらでも活躍していきたいと思います。笑
ありがとうございました。

まとめ

新卒入社した会社で勤め上げて30年以上。山神様は部長まで上りつめた後、更に子会社の代表取締役を任されます。順風満帆にも見えますが、その実際は本社からの指示をそのまま下ろすだけの「やとわれ社長」でした。
やとわれ社長でも給与はきちんと出ていましたので仕事があるうちは良かったのですが、ある日突然リストラによって辞めさせられてしまいます。

山上様は、カツドウの給付金申請サポートをお受けいただいてしばらく休んだあと、自分を見つめ直し無理をしない働き方を選択されます。その結果、現在はパソコンスクールの講師として比較的短時間を働き、趣味に仕事にと充実した日々を送っていらっしゃいます。人生を楽しむことは大切なことですね。

カツドウでは、今後も現職よりもよりご自分にあったお仕事に転職され充実した生活が送れるように、労働者の皆様をサポートしてまいります。そしてそれが結果として企業・事業者としてもミスマッチを減らすことに繋がると信じております。
ぜひ応援、ご協力お願い致します。

退職・転職をお考えの
労働者の方

私たちカツドウは、「労働者と、自分らしいワクワクする働き方をつなぐ架け橋になる」ことで、あらゆる労働者や、企業と社会の発展に貢献することを目標に活動しております。
今、苦しんでいる労働者に対し、労働環境の見直しと、自分にあった働き方を共に考える取り組みを行っています。

※本記事は実際のお電話での相談を元に読みやすく表現を調整して掲載いたしております。
※個人の特定を避けるため、一部個人情報には変更を加えさせていただく場合がございます。