幼いころの夢を実現したはずが厳しい現実に直面した香川様(40代男性)

お名前:香川 誠太 様(仮名)
ご年齢:40代後半
前職:アミューズメント企業 人事部 年収約600万円
現職:IT関連企業 人事部 年収約700万円

大学を卒業して大手アミューズメント企業に就職された香川様。幼いころから夢見ていたゲーム関連の企業に就職できて喜んでいました。配属された先は人事部ということでゲーム制作には直接関われなかったものの、十分な給与と福利厚生で安心して働かれていらっしゃいました。
しかし、コロナ禍でそれが一変します。
上層部から指示された次の仕事は「リストラ」。その責任者に抜擢された香川様は孤軍奮闘します。多くの人に嫌われたり恨まれたりしながらもなんとかその職務を全うされた香川様は、最終的にご自身も退職されました。
現在は、IT関連企業で再び人事部に所属。改めてキャリアを積み上げられていらっしゃいます。

インタビュー

前職を教えてください。

アミューズメント関連企業で人事をしていました。会社としてはゲームセンターが主な事業でしたね。

人事部だったのですね。

はい。
もともとは、新卒で入社したのですが最初に希望していた企画職では配属されず、人事部に配属になりました。その結果、現在までずっと人事畑を歩んできています。
前職の最後には人事部長代理という役職でした。

前職を退職された理由は何でしょうか。

きっかけはコロナ禍で会社全体の売上が急減し、リストラが始まったことです。
私がそのリストラ遂行を担当することになりまして、案の定、社員から煙たがられたり恨まれたりしながら1年ほどかけて社員数を半分近くに減らしました。
店舗の閉店などもあったのでかなりの人数の方に辞めてもらうことになりました。

それは大変でしたね。

はい。
私個人としては辞めてほしくない人ばかりで、思ってもないことを言わないといけない状況で本当に疲弊しました。

それでご自身も退職されたのですね。

そうです。
リストラが一区切りしてから、自分自身も退職願を出して退職しました。

その後はすぐに転職されたのですか?

いいえ。
リストラで相当に疲れてしまっていて、しばらく働く気力も全くなかったので、1年以上リフレッシュしていました。
その期間にカツドウの給付金サポートを受けさせていただきました。
リフレッシュのために色々なところに旅行しまして、国内旅行でしたが、とても楽しかったです。
コロナ禍で都道府県間の越境移動が自粛と言われていたので、旅行先でなんとなく肩身は狭かったですが。笑

十分リフレッシュできたようで良かったです。休んだあとは現在の職場に転職されたのですね。

はい。
あれほど人事業務で疲れ切っていたのに、結局人事部に転職することにしました。
やっぱり私は人事を専門にしていくことが自分に合っていると思いなおしまして。
幸い、ちょうど採用してくださる会社があったのでIT関連企業の人事部に入社しました。

今の職場はいかがですか。

とても安定しています。
前職が最後はコロナ禍でてんやわんやとしていましたので、久しぶりに落ち着いて仕事ができて安心しています。

前職が最後は相当つらい思いでしたからね。

そうですね。
今度は、改めて人事を頑張って、会社が傾くことがないようにしていきたいと思います。
売上や利益を作るのは人です。
それを実現するのは、まず人の配置だと思っていますので、しっかりと頑張っていきます。

将来を考えられる働きやすい環境を見つけられたようでなによりです。

はい。カツドウの皆様のサポートのおかげです。ありがとうございました。

今後のご活躍をお祈りしております。本日はありがとうございました。

ありがとうございました。

まとめ

大卒で入社した会社で人事部に配属された香川様。人事部で部長代理まで昇進したころ、コロナ禍で会社の業績が急激に悪化します。その結果、リストラ計画が策定されその実行役に抜擢されることになりました。
持前の真面目さでつらい思いをしながらも、そのリストラを「仕事」として全うされた香川様は、最終的にご自身もリストラの対象として退職しました。

その後、カツドウの給付金申請サポートをお受けいただいて1年ほど休んだあと、改めて別の会社で人事部として再就職をされました。現在は、業績も安定している新しい会社で業績を上げるべく日々人事業務に打ち込んでいらっしゃいます。人事は会社の要です。次の会社でもぜひ貢献していただきたいと思います。

カツドウでは、今後も現職よりもよりご自分にあったお仕事に転職され充実した生活が送れるように、労働者の皆様をサポートしてまいります。そしてそれが結果として企業・事業者としてもミスマッチを減らすことに繋がると信じております。
ぜひ応援、ご協力お願い致します。

退職・転職をお考えの
労働者の方

私たちカツドウは、「労働者と、自分らしいワクワクする働き方をつなぐ架け橋になる」ことで、あらゆる労働者や、企業と社会の発展に貢献することを目標に活動しております。
今、苦しんでいる労働者に対し、労働環境の見直しと、自分にあった働き方を共に考える取り組みを行っています。

※本記事は実際のお電話での相談を元に読みやすく表現を調整して掲載いたしております。
※個人の特定を避けるため、一部個人情報には変更を加えさせていただく場合がございます。