どうしても退職が切り出せなかった小笠原様(30代男性)

お名前:小笠原 進吾 様(仮名)
ご年齢:30代中盤
前職:住宅建築販売会社 営業職 年収約400万円
現職:住宅販売会社 営業職 年収約500万円

新卒で就職した会社で営業職として10年ほど勤務を続けられていた小笠原様。会社の人は、社長も先輩も同僚もみんな良い人だったそうで、しかも仕事も嫌なことはなく楽しんでされていたそうです。順調にその生活を続けていましたが、ある日ご家族の都合で地元に帰ることになります。
泣く泣く退職を心に決意された小笠原様でしたが、これまで良くしてもらっているぶん、なかなか退職が自分で言い出せません。最終的に退職代行をご依頼いただき、なんとか退職ができました。
さらに地元での再就職についてもお手伝いさせていただき、現在は実家から通える会社で落ち着いて働かれていらっしゃいます。

インタビュー

前職を教えてください。

住宅建築と販売をする会社の営業職です。住宅を買って下さる方への営業以外にも、住宅建築に関係して資材会社さんなどとの取引も担当していました。

幅の広いお仕事ですね。

そうですね。
住宅に関連することなら建てるときに必要なものの準備から、購入する際の住宅ローンまで、なんでもありの仕事の範囲でした。

前職を退職された理由は何でしょうか。

家庭の事情です。
実家で祖母の介護が必要になり、家族で話し合った結果、男兄弟3人で唯一結婚していなかった私が実家に戻って手伝うことになりました。

それは大変ですね。

そうですね。
介護を手伝うことには心配はしていなかったのですが、仕事をどうしようかと悩みました。

何か前職でやめづらいようながあったのでしょうか?

はい。確かにやめづらかったです。
じゃあパワハラがあったり強い引き留めがあったということではなくて、ただただ本当に良い方たちで、でもそのおかげでなかなか家庭の事情も含めて辞めるというひとことがどうしても言い出せなくて。
結局、悩んで悩んでカツドウに相談した結果、退職代行をご依頼して退職することにしました。
退職を自分で言い出せば、ものすごく悲しまれて心情的に引き留められるのは目に見えていましたので…。つらい決断でしたが。

退職代行をご依頼いただいたのはそんな理由だったのですね。

はい。ふつうは上司が怖くて退職代行ということになると思うのですが、まったくそんなことはなかったです。
ただ、なんというか、どうしても恋人との別れを対面では言い出せないのでLINEで送ってみるような、そんな感覚でした。

その後はすぐに転職されたのですか?

いいえ。
先ほどもお伝えした通り、介護がありましたので、実家に帰ってからしばらく半年くらいは働かずに介護に集中していました。

そのあと、現在の職場に転職されたのですね。

はい。
もともと祖母の体調があまりよくはなかったので、介護が私が実家に戻ってから半年ほどで終わることになりまして。
そのあとに再就職活動をしようとしまして、またカツドウにご相談して就活サポートを受けました。
就活サポートをご依頼したところ、偶然地元の住宅販売会社に営業職の募集があるということでしたので、そちらの面接を受けるととんとん拍子に話が進み、再就職が決まりました。

今の職場はいかがですか。

安心してゆったり働けています。
実家から通える距離なので通勤もしやすいですしね。
おまけに年収も少し上がりましたので大満足です。

地元でも働きやすい環境ができたようでなによりです。

はい。カツドウのサポートのおかげです。ありがとうございました。

お役に立ててうれしく思います。本日はありがとうございました。

ありがとうございました。

まとめ

大学で一人暮らしをしていた場所でそのまま新卒就職し、30代まで働かれていた小笠原様。お仕事上は何も問題なく順風満帆だったそうです。社長も同僚もとても良い方だったそうで、待遇にも満足だったとのこと。

しかし、家庭の事情でどうしても実家に帰らないといけなくなった小笠原様は、会社のみなさんが悲しんだり困ったりする顔をどうしても見れないと、退職代行をご依頼いただきました。退職代行を経て無事退職された小笠原様は、実家での介護もこなし、現在は地元で再就職して安定した生活をされていらっしゃいます。年収も少し上がったとのことで結果的に良い環境を再び手に入れられたようです。今後も充実した生活を送っていただけるようお祈りしております。

カツドウでは、今後も現職よりもよりご自分にあったお仕事に転職され充実した生活が送れるように、労働者の皆様をサポートしてまいります。そしてそれが結果として企業・事業者としてもミスマッチを減らすことに繋がると信じております。
ぜひ応援、ご協力お願い致します。

退職・転職をお考えの
労働者の方

私たちカツドウは、「労働者と、自分らしいワクワクする働き方をつなぐ架け橋になる」ことで、あらゆる労働者や、企業と社会の発展に貢献することを目標に活動しております。
今、苦しんでいる労働者に対し、労働環境の見直しと、自分にあった働き方を共に考える取り組みを行っています。

※本記事は実際のお電話での相談を元に読みやすく表現を調整して掲載いたしております。
※個人の特定を避けるため、一部個人情報には変更を加えさせていただく場合がございます。