全く異なるお仕事に転身された加護様(50代男性)

お名前:加護 宏規 様(仮名)
ご年齢:50代前半
前職:介護職 年収約300万円
現職:フリーランスエンジニア 年収約450万円

体力的にきつくなってきたということで10年以上勤めた前職の介護のお仕事を退職された加護様。
以前から気になっていたフリーランスエンジニア(プログラマ)というお仕事に転身されました。
年収も1.5倍になり、充実した毎日を送られているようです。

インタビュー

前職について具体的に教えてください。

前職では、介護施設の現場で働いていました。入所者様が喜んでくださるのを日々見て充実していましたが、やはり入浴介助など無理な姿勢で体力を使う仕事も多く、年齢を重ねるにつれて体力の限界を感じていました。

前職を退職されたきっかけは?

年齢が上がってくるにつれて責任が重くなり、現場仕事以外に現場職員のシフト管理や自治体等に提出する書類作成までさせられるようになりました。しかし、その一方で全く給与は増えずだんだんと不満が溜まっていました。そこに、これも年齢のせいか体力も限界を感じ始めたところに、体調不良で病院で診断も受け、「もうこのままでは持たない」と思ったためです。

退職後はどうされていましたか?

すぐに再就職することも考えたのですが、無理をせず、カツドウの給付金申請サポートを受けて2年弱のあいだ仕事をせず休みました。

その期間中にプログラミングを勉強されたとお聞きしました。

はい。半年ほど休んだあと、少しは回復したのですが復帰できるほど全快しているわけでもない状況になり、時間が余ってしまいました。それでその時間で何ができるかと御社とも相談した結果、再就職に役立つスキルを身に着けることになり、以前から気になっていたプログラミングのお仕事についてオンラインで学習を始めました。

その学習の結果はいかがだったでしょうか。

まだそれほど自信があるわけではないのですが、足掛け1年も勉強したのでなんとかお仕事がもらえるくらいにはなりました。

その後独立されたのですね。

はい。「独立」という表現ができるほどかはわかりませんが、決まった会社に入社するのではなく複数の会社様からお仕事をいただいて生活しております。いわゆるフリーランスということになります。

現在のお仕事の状況、特にお仕事をされている環境について、もう少し教えてください。

在宅でお仕事をしていますので、出社することはありません。毎日片道1時間以上かかっていた出勤時間がなくなったので時間的な余裕はかなりできました。もちろん、休んでいた2年間に比べると忙しくしていますが。(笑)

具体的な名前は公開できないのですが東証に上場している大手企業のお仕事も手伝わせていただいて、「自分の仕事が世の中に役立っている」という実感も得られて充実しています。

ぜひ今後もご活躍されることを期待しています。ありがとうございました。

ありがとうございました。

まとめ

介護現場で充実した仕事をされていた加護様。しかし充実の一方で業務の負荷とストレスがどんどんと蓄積していき、最後には体力も限界となり退職を余儀なくされてしまいました。

その後は2年ほどの期間を休むこととなりましたが、ご自身の努力もありお休みの期間のあと、以前から興味のあったプログラミングの学習をされ、回復後はフリーランスエンジニアとして充実した毎日を過ごされています。
年収も前職の約1.5倍となり転職としてもかなり成功しましたが、なにより毎日が幸せに過ごせることが喜ばしいですね。

カツドウでは、今後も現職よりもよりご自分にあったお仕事に転職され充実した生活が送れるように、労働者の皆様をサポートしてまいります。そしてそれが結果として企業・事業者としてもミスマッチを減らすことに繋がると信じております。
ぜひ応援、ご協力お願い致します。

退職・転職をお考えの
労働者の方

私たちカツドウは、「労働者と、自分らしいワクワクする働き方をつなぐ架け橋になる」ことで、あらゆる労働者や、企業と社会の発展に貢献することを目標に活動しております。
今、苦しんでいる労働者に対し、労働環境の見直しと、自分にあった働き方を共に考える取り組みを行っています。

※本記事は実際のお電話での相談を元に読みやすく表現を調整して掲載いたしております。
※個人の特定を避けるため、一部個人情報には変更を加えさせていただく場合がございます。