新卒入社先が自分に合わずにUターン転職された宗田様(20代男性)

お名前:宗田 晃教 様(仮名)
ご年齢:20代前半
前職:大手商社総務職 年収約400万円
現職:ネットベンチャー総合職 年収約500万円

大学時代に憧れだった東証一部(現プライム)上場の大手商社の入社試験に受かり喜んで入社したものの、4月に入社してすぐに違和感を感じられていた宗田様。
入社4ヶ月後の7月には転職を決められ、東京から地方の実家に戻って再就職をされました。
今のお仕事のほうが充実していて楽しいそうです。

インタビュー

前職について具体的に教えてください。

「前職」というほど勤めていないのですが、新卒で入社した会社では、新人研修後の6月に総務・人事の部署に配属されました。ただ、配属されてすぐに転職しています。

かなり大手の商社だったとお聞きしていますが、退職をすぐに決められたのですね。

実は、内定をもらった直後から会社からの対応に疑問があったんです。内定が出ると内定式などで連絡がきますが、その電話等での対応がどうにも押し付けというか上から言われているように感じることがよくありました。
会社の方針というよりは、現場で内定者に対応している人事担当者の方や先輩社員の方のスタイルというか癖のようなものだと思います。社風と言うのでしょうか。
良く言えば「体育会系」なのかもしれませんが、令和の時代になじまない発言をされる人が多いと感じていました。
入社してみたら案の定で「先輩社員の言うことは絶対」のような風潮があり、挙げ句に新人研修後は総務人事部に配属されて内定時から嫌だなと思っていた先輩と一緒に働かないといけなくなったことが決定打でした。

転職先はどのように決められたのですか?

新卒入社直後の5月には転職するかどうか悩んでカツドウに相談していました。退職後の給付金を受けて休むという選択肢は社会保険加入1年未満の私にはないということもあり、すぐに転職する方向でサポート受けることになりました。
最初は東京都内で転職先を探していたのですが、出身の地元企業からも面白い求人があるということでそちらも紹介いただいて、結局そちらに決めました。

その転職先がネットベンチャーとお聞きしています。

はい。そうです。
私も転職するまで知らなかったのですが、設立10年ほどの会社で、特にこの数年ほどはコロナ禍の影響により逆に急速に業績を伸ばしている地元企業でした。
社長も地元出身で実家の近くで起業して働いていて、同じように地元で働く社員を探しているということでした。
オンラインで面接をしたのですが、とりあえず話を聞くだけと思っていたところが社長の熱意に押されて、気づいたら入社していました。(笑)
私も地元は慣れていて、就職するまでは実家暮らしで大学も実家から通っていましたので、働きやすいのではとも思いました。ただ、まさか東京に引っ越して半年もしないで実家に帰るとは思いもよらない出来事でしたね…。

現在の職場はどんな環境なのでしょうか。

総合職ということで入社しまして、新規事業の企画からその制作、さらに営業まで、色々とさせてもらっています。これは私も納得済みで入社していて、かなり経験を積ませてもらっています。実は20代後半には起業して独立したいと考えていて、ありがたく思っています。
ちなみに、それでも残業は1日1-2時間程度で、晩ごはんは自宅で家族と食べています。ベンチャー企業でも無理をして働いているわけではありません。
問題点といえば、食事をまた両親が用意してくれる環境になってしまい、自炊の練習をする機会が減ったことでしょうか。最近、まわりがちらほら結婚し始めたので、やっぱり自炊くらいできないとダメかな、実家暮らしで自炊もできないと相手から敬遠されるんじゃないか、とかそういうことが気になっています。(笑)

毎日忙しい中でも充実しているということですね。

はい。前の職場では、自分が会社でやりたいこともはっきりせず、おまけに人間関係も良くなかったので毎日出勤が苦痛でしかなかったのですが、今は楽しんで働いています。ここまで明日の仕事内容を考えるのが楽しみになるとは思ってもみませんでした。

お仕事が楽しいのは良いことですね。今日はありがとうございました。

はい。こちらこそ良い仕事をご紹介いただきまして、ありがとうございました!また何かありましたらご相談したいと思います。

まとめ

新卒入社した大手商社を半年足らずで退職してUターン転職された宗田様。

宗田様のお話を聞いていると、ただ単に大手企業に入社すれば良いというわけではないと実感します。大手企業だから良いとか、逆に中小企業だから良いということではなく、やはり自分に合った環境が重要ですね。
宗田様は働くことは好きだとおっしゃられているので、縛られずに色々とやってみることができる現在の環境が本当に楽しいようです。
今の勤め先の成長時期でもあり、今後の活躍が私達としても楽しみです。

カツドウでは、今後も現職よりもよりご自分にあったお仕事に転職され充実した生活が送れるように、労働者の皆様をサポートしてまいります。そしてそれが結果として企業・事業者としてもミスマッチを減らすことに繋がると信じております。
ぜひ応援、ご協力お願い致します。

退職・転職をお考えの
労働者の方

私たちカツドウは、「労働者と、自分らしいワクワクする働き方をつなぐ架け橋になる」ことで、あらゆる労働者や、企業と社会の発展に貢献することを目標に活動しております。
今、苦しんでいる労働者に対し、労働環境の見直しと、自分にあった働き方を共に考える取り組みを行っています。

※本記事は実際のお電話での相談を元に読みやすく表現を調整して掲載いたしております。
※個人の特定を避けるため、一部個人情報には変更を加えさせていただく場合がございます。